So-net無料ブログ作成
検索選択

ホテルに3人組、400万円奪う=従業員縛り逃走−埼玉(時事通信)

 26日午前4時25分ごろ、埼玉県本庄市寿のホテル「アマン」の男性従業員(45)から、3人組の男に刃物で脅され、現金約400万円入りの金庫などを奪われたと110番があった。従業員は指に軽傷を負っており、県警本庄署は強盗致傷事件として捜査している。
 同署によると、従業員が2階廊下を清掃中、男らが侵入。従業員を粘着テープで縛り、目隠しをした上で、ナイフのようなものを突き付け、「レジの鍵を出せ」などと脅した。男らは従業員を1階フロントに連れて行き、レジにあった現金約2万円と金庫を奪って逃走した。 

【関連ニュース
初の区分審理で男に懲役6年6月=裁判員対象外は裁判官のみ審理
ホテルに強盗、女性従業員刺す=あごに重傷、6万奪い男逃走
市営住宅母子は失血死=刃物傷20カ所以上
知人の28歳会社員逮捕=茨城女性刺殺の疑い
3人目の殺人立件は断念=捜査本部解散へ

銀行税導入に否定的=亀井金融相(時事通信)
明石歩道橋事故、元副署長を初の強制起訴(読売新聞)
<国民新党>参院選東京選挙区に新人(毎日新聞)
高速の新上限料金制見直しへ 政府・民主首脳会議で小沢氏要請 (産経新聞)
<火災>「羽柴秀吉」さん経営のホテル 青森・五所川原(毎日新聞)

銃刀法違反 容疑の警官逮捕 改造拳銃を所持 福岡(毎日新聞)

 改造拳銃を隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課は21日、福岡県警捜査1課警部補、岡田好典容疑者(46)=福岡県宗像市ひかりケ丘7=を銃刀法違反(所持)容疑で逮捕した。組対5課によると、岡田容疑者は「違法であると知っていたが自宅で持っていた。警察官としての立場からも逮捕されるのは仕方ない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、15日午前8時25分ごろ、自宅リビングにある木箱に、回転式改造拳銃1丁を隠し持っていたとしている。

 組対5課によると、インターネットの違法サイトを取り締まるためサイバーパトロールをしていた捜査員が、改造拳銃の写真を掲載した岡田容疑者の匿名のブログを発見。15日に自宅を家宅捜索し、日本製のモデルガン「ミリタリーアンドポリス」の改造拳銃1丁を押収した。警視庁科学捜査研究所が鑑定したところ殺傷能力があった。

 岡田容疑者の自宅から他にも複数のモデルガンが見つかっており、組対5課は改造拳銃の収集を趣味とするガンマニアだったとみている。実弾は見つかっていない。岡田容疑者は特別捜査班の係長で主に火災捜査を担当していた。

 現職警察官が改造拳銃を隠し持っていたとして逮捕された事件は、99年の警視庁三鷹署地域課の巡査長=懲戒免職処分=と02年の愛知県警北署巡査長=停職の懲戒処分後、辞職=のケースがある。98年には拳銃部品を密輸入したとして、京都府警銃器対策課の警部=懲戒免職処分=が逮捕されている。【町田徳丈】

【関連ニュース
DV:被害登録の女性救出にパト20台、ヘリも 熊本県警
DV:被害登録の女性救え! パト20台・ヘリで追跡、28歳の夫を逮捕−−熊本県警
銃刀法違反:「ウチの銃本物ですわ」 展示の喫茶店主吹聴を基に逮捕−−大阪・泉佐野
銃刀法違反:橋下・大阪府知事の法律事務所に包丁男 所持容疑で現行犯逮捕
荒川署:銃刀法違反容疑、誤って男を逮捕 /東京

首相動静(4月14日)(時事通信)
オートバイ突っ込み歩行者4人負傷 東京・赤羽(産経新聞)
数量減も熱気と香り…静岡で新茶の初取引始まる(産経新聞)
もんじゅ運転再開可否を近く判断(産経新聞)
<環境省>雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明(毎日新聞)

遺族ら現場で献花、冥福祈る=長崎市長射殺3年(時事通信)

 長崎市の伊藤一長前市長が射殺された事件から丸3年の17日、遺族らが事件発生時刻の午後7時50分すぎ、同市大黒町の現場を訪れ、献花し黙とうをささげた。
 現場は長崎駅に近い、雑居ビルなどが立ち並ぶ車の通りの多い場所。歩道上に白い布を掛けた献花台が置かれ、伊藤前市長が好きだったというヒマワリや、白い菊の花が台の上いっぱいに供えられた。遺族や親交があった人たちがじっと手を合わせ、前市長の冥福を祈った。 

【関連ニュース
広島・長崎に五輪協力申し出へ=第五福竜丸母港の静岡県焼津市

<築地>中卸団体が特定調停を申請 東京地裁に(毎日新聞)
オートバイでひったくり、容疑の少年2人逮捕(産経新聞)
<特急しなの>タヌキはね遅れ 愛知・春日井(毎日新聞)
<労働者派遣法>改正案が衆院で審議入り 野党から懸念意見(毎日新聞)
NASA 「アルマゲドン」風 山崎さん、ポスターに(毎日新聞)

4児死亡火災、火元は車内のライターと断定(読売新聞)

 北海道厚沢部町社(しゃ)の山(やま)で子供4人が死亡した車両火災で、道警は9日、火災は全焼したワゴン車内にあったライターが火元となって発生したとほぼ断定した。

 捜査幹部によると、これまでの調べでは、火災発生時、現場に第三者がいた形跡はなく、車体の焼損状態から車内から出火したと見られる。

 車内には、車の検証で電子式ライターの部品とみられる金属片が見つかっており、ほかに火元となりそうなものはなく、両親は以前、長女(3)が電子式ライターを点火するのを見て注意したことがあることから、道警は何らかの原因で電子式ライターの火が付近に燃え移った可能性が高いと見ている。

「産科危機的出血」でSI応用した対応GL発表―麻酔科学会など(医療介護CBニュース)
京都御所 桜も満開、一般公開始まる(毎日新聞)
鳩山首相、「5月決着」伝達=普天間で米大統領に(時事通信)
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定(医療介護CBニュース)
<女性遺体>ふ頭で頭部発見 諸賀さんの可能性 福岡(毎日新聞)

<生命の起源>アミノ酸は宇宙空間から 国立天文台など発表(毎日新聞)

 生命の起源となるアミノ酸が宇宙空間から来たとする有力な観測成果を得られたとして、国立天文台などの日英豪米の国際研究チームが宇宙生物学の専門誌(電子版)に発表した。

 アミノ酸は、化学組成は同じだが、鏡で映したように対称な右型と左型の二つのタイプがある。生命のアミノ酸はほとんどが左型で、地球上で発生したという説もあるが、その理由は不明だった。一方、地球上の隕石(いんせき)には左型アミノ酸が多く含まれていることから、偏りの原因が宇宙にあるという見方が浮上していた。

 アミノ酸は特殊な光があたると、片方のタイプの割合が増える。国立天文台ハワイ観測所の福江翼研究員らは、広範囲でその光を観測できる装置を開発。地球から1500光年離れたオリオン大星雲の中心部を観測したところ、太陽の25倍ほどの重い星が生まれた領域を取り巻くように、特殊な光が広がっていることが分かった。一方、質量が軽く若い星の周りには、その光は見つからなかった。

 これらの結果から、生まれたての太陽系の近くに重い星が存在し、特殊な光にさらされたことが原因で、地球上の生物を形づくるアミノ酸が基本的に左型になった可能性があるとしている。チームは「大質量星周辺の特殊な光によって増えたチリ中の左型アミノ酸が、隕石に乗って地球上に運ばれ、やがて生命の起源になったのではないか」と推測している。【須田桃子】

【関連ニュース
雑記帳:「国内初のクレーター」公式認定めざし論文
電波望遠鏡ALMA:日本のアンテナの愛称「いざよい」に
金星探査機:「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開
小惑星探査機はやぶさ:地球帰還が確実に 軌道に到達
太陽:黒点の「たね」発見 両極に強い磁場

<厚労省調査>インドネシア人看護師候補 患者は好意的評価(毎日新聞)
<砂川事件判決>日米密談の文書存在 外務省が一転開示(毎日新聞)
まるで合コン…首相、夕食会でオバマ隣席を狙う(産経新聞)
「英語に自信なく…」客室乗務員インターホン取らず スカイマークに業務改善勧告へ(産経新聞)
首相、6月訪中へ 上海万博日本デーに出席(産経新聞)

「あだ討ち」正当化、謝罪なく=小泉被告−元次官ら殺傷(時事通信)

 元厚生次官ら3人の殺傷を「飼い犬のあだ討ち」と主張した小泉毅被告(48)は法廷で、独自の理屈を述べて自分の行為を正当化し、反省や被害者、遺族への謝罪は一切口にしなかった。
 小泉被告が一貫して動機に挙げたのが、12歳の時の飼い犬の殺処分。処分が本当かどうかは確認できないが、被告は殺されたと思い込み、厚生省(当時)が保健所を管轄すると考えて恨みを抱くようになった。
 被告人質問では、ほおをたたいて涙ぐみながら飼い犬について語り、「保健所により犬や猫が生ごみのように捨てられている」と声を荒らげた。元次官や家族は厚生省という組織のトップだったことを理由に標的になった。小泉被告は「人の命だけがなぜ尊いのか。(殺害を)実現できて満足」とまで述べた。
 捜査段階の鑑定で精神障害を否定した大学教授は証人尋問で、あだ討ちは動機の一つにすぎないとして「社会への不満と無関係に考えるべきではない」と証言。大物を狙う自爆テロに類似点があると分析した。 

【関連ニュース
〔ニュース解説〕元厚生次官宅連続襲撃事件
〔写真ニュース〕小泉被告に死刑判決=さいたま地裁
小泉被告に死刑判決=元次官ら連続殺傷
元次官連続殺傷、30日に判決=死刑求刑、小泉被告に
「厚生官僚の大罪許さない」=小泉被告が最終陳述

アートナイト 一夜限り 街は美術館 東京・六本木(毎日新聞)
<強盗>パチンコ店から300万円と景品 東京・江戸川(毎日新聞)
鳩山邦夫氏の離党届を自民受理、処分は見送り(読売新聞)
首相支える姿勢強調=岡田外相(時事通信)
定期健診の「有所見率」改善で過労死予防をー厚労省(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。